帰ってきたひみちゅ~

<   2008年 02月 ( 11 )   > この月の画像一覧

Live写真公開~

f0053095_21574732.jpg


f0053095_21582963.jpg


f0053095_21593584.jpg


f0053095_2231911.jpg


今回は笑顔の写真が多かった気がします。いつも大体ムズかしい顔してるんだけどね~
それだけ楽しくやらせて頂いたって事かな。
皆様、ありがとう!!

あーんど、さいころさん、素敵な写真をどうもありがとう!
もちっと頑張ります、被写体としても・・・かなりヤバイゾ、と・・・・
[PR]
by midori_cchi | 2008-02-29 22:08 | 日記

最初の記憶2

たった今、また話してくれました。
TVで四つ子ちゃんの生まれたばかりの映像が流れました。ぱっと見ただけですが、1400gで生まれたその子は呼吸器は付けておらず、ミルクを飲ませる(というかまだ飲む事が出来ないので入れるための)鼻にチューブが付いていました。チューブは胃まで入っており、手で引っ張ったりしないようにほっぺたに絆創膏で固定してあります。うちの娘は看護師さんが絆創膏にハートマークを描いてくれてましたが、その子も何か描かれていて、あぁどこの病院もこういう事をしてくれるんだなぁと思って見てました。

娘が「ママー、赤ちゃんだよ~」と嬉しそうに言うので、
「そうだねー可愛いねぇ。こなっちゃんもこんな可愛かったんだよー、覚えてる?」と聞いたら
「うん、わーんわーんって泣いていたのー」
「どうして泣いていたの?」
「痛いよ~、痛いよ~って泣いていたの」

どきっとした。恐る恐る聞いてみた。

「・・・どこが痛かったの?」
「あのね、あの子もここに、付けていたでしょ?(ほっぺを指差す)、それが痛かったの。」

そう言い終るとママに抱きついてきた。見ると、泣いていた。
「こなっちゃん、パパとママのために頑張ってくれたんだよね、ありがとう」
そう言うのが精一杯だった。声をあげて泣いてしまいそうなのを、娘をぎゅっと抱きしめる事で一生懸命耐えた。


何度謝っても足りないよね。でももう二度とそんな辛い思いをさせないからね。
神様もどうか、どうか娘をお守り下さい。
そして娘の痛みの記憶を早く消し去って下さいます様に、切にお願いします。
[PR]
by midori_cchi | 2008-02-28 18:39 | 日記

必需品

どんなに怪しい人になろうとも、風の強い日のデカメガネはハードコンタクト使用者の必需品。だけど出掛けはそんなに強くなかったからさぁ・・・

スイミングの帰り道、チャリ(後ろに姫)乗って強風にあおられ、両眼でゴミゲットしてあまりの痛さに目が開けられなくなりフラつき、壁に右手の小指をガガガっと。皮ベロン。姫は無傷で良かった・・・

最近花粉症も微妙に発症したらしく、実はライブの最中も結構ヤバくずーっとイガイガしていて、どうとう咳き込みかけた時にはみんなにはバレないように後ろ向きでゲホゲホ。(ばれてた?見ていたのはりおんちゃんだけだと思うんだが)
だからマスクも必需品でね、デカメガネはサングラスしか持ってないからこれ両方装着するともう怪しさ超えて笑える人なんだけども、ライブ当日は背に腹は変えられず。40過ぎると何でも出来るのよね、あぁ恐ろしや。

して、今日のスイミング。一体いつぶり?ていう位久しぶりに水に入った私。
・・・泳げなくなってました。
その後のキッズでも体脂肪5%コーチに「こなっちゃんママ溺れていたでしょ?面白かった~」とか言われるし。面白くないっつーの。

また頑張るもーん!
[PR]
by midori_cchi | 2008-02-27 00:44 | 日記

ご来場ありがとうございました!!

私は幸せ者だ。

ハコのスタッフのお姉さんが気さくな方でとても楽しくお喋りさせて頂いた時とか、タイバンのロック系のお兄ちゃん方がまたとても優しくて、時間があったらもっとゆっくりお喋りして連絡先なんか交換したり出来たらいいのにとか思った時とか(残念ながら出来なかったけれど)、ステージ上から揺れているお客さんを沢山確認出来た時とか、MCに反応があった時とか、面倒なキメが無事にクリア出来た時とか、自分で考えていた事をちゃんとやれた時とか(これがいつも出来ない!)、昔からお顔は存じ上げていたけれどお話した事が無くていつか是非と思っていた方とお近づきになれた時とか、お噂は聞いていたけれど初めてお会いしてお話させて頂いたらとてもお話しやすい方で嬉しかった時とか、繰り返し来て下さる方やお久しぶりに来て下さった方のお顔を見つけた時とか、 初めて来てくれた方が終演後に楽しんだ事をにこにこ伝えてくれた時とか、遠くの方で紅葉より大分大きくなったお手手が振られているのを見つけた時とか、

Hugもしたくなるってもんです、外国かぶれじゃなくたってね。
私を幸せにしてくれた瞬間が、今回は特に山盛りてんこ盛りだったような気がします。


色々へたっぴだった場面も多々あったと思うけれど、心を込めて歌えたよ。あの時あの会場で体を揺らしてくれた人、来られなかったけど応援してくれた人、みんなに向けて。
今まで歌ったどんな愛の歌よりも思いを深く込められたんじゃないかなって思う。まだ音も映像も見聞きしてないけれど、実は超へたくそかもしれないけれど、あの曲は多分今までで一番、良い顔して歌ってると思う。だって幸せを噛み締めて歌ってたんだもん、自信あるよ。
そして、会場の一番すみっこで抱っこされながらママと一緒に歌ってくれた姫にも勿論、特大のを送ったよ。

メンバーにもね。振り向いて歌ったら吹き出すだろうからこれからもやんないけどさ~。

"La La La... I Love You"
[PR]
by midori_cchi | 2008-02-25 19:17 | 日記

本番だ!

いよいよ明日は、Trompe L'oeilのLIVEです。
引きこもりでぶよった体は回復出来ないままですが、お見苦しいのを許してくださる方は是非お運びを~

2月24日(日)
Open 17:30 Start 18:00 Charge ¥1,500 (+ drink)
EDGE
港区六本木5-18-21 FIVE PLAZA B2F
03-3505-4561
http://www11.ocn.ne.jp/~edge/

※Trompe L'oeilの出演は2番目(19:00頃~)の予定です
[PR]
by midori_cchi | 2008-02-23 08:57 | 日記

最初の記憶

さっき朝ごはんを食べながらつけていたTV(生命保険ので、赤ちゃんがコットに寝かされながら将来の不安を語り合っているってCM)を見て、娘が言った。

「こなっちゃん、このベットで寝ていたよね?」
ちょっと驚いた。
「そうそう、覚えている?」
「うん。・・・・・(少し考えて)タオルはさ、黄色、じゃなくて、ピンクだったよね?」

大正解だった。強化室(NICUの中でも呼吸器が取れて状態のいい子供が寝かされる部屋)のコットに寝ている子供はみんなピンクのタオルにくるまれて寝ていたのだ。
ちなみに黄色は、今現在彼女が大好きなタオルの色。

「そうそう、ピンクのタオルだったねぇ・・・。あのベット、「コット」って言うんだけど、コットで寝ている時からタオル大好きだったの?」
「うん!・・・あのお部屋で、ママがミルクくれたよねぇ」
「(更にびっくり!)そうそう、おっぱいもしたよ、覚えてる?」
「うん」
「あのお部屋で、ママ、こなっちゃんのオムツ変えたりもしたんだよ。おしり拭き拭きしてあげたんだよ」
「うん、・・・あのね、頭が痛かったの」
「え、お尻拭き拭きしている時?」
「うん。頭がね、ぴきって、ちょっとだけ痛かったの」
お尻を拭く時に足を持ち上げるので頭の方に体重がかかる。足を上げ過ぎていたのかしら、ごめんね(^^;;;


暫くして・・・
「コットのお部屋の、別のお部屋の話しようよ」 と娘。
「別のお部屋って?どこの?」
「病院の。」
「コットのお部屋の時よりこなっちゃんが赤ちゃん時?大きくなってから?(という部屋は無いんだけど)」
「もっと赤ちゃんの時」
NICUの一番奥の部屋、呼吸器を付けていた部屋の事を、覚えているんだろうか?

「いいよ。・・・・そのお部屋は、どんな音がしていた?」
「んーとね、ぶーとか、さーーーとか、聞こえてた」
「(ぶー、さー、か・・・色んな音が溢れた部屋だったから、そんな音もあったかな・・)ぴーぴーとかは?」
「うん、聞こえてた」
「うるさかった?」
「うぅん、うるさくない。あのね、こなっちゃんが「ほっ」ってすると音がしなくなるから」

ぴーぴーという音は血液中の酸素濃度が下がると鳴るアラーム音。鳴っている間は本人は呼吸が苦しいはずなのだ。

「鳴っているとき、こなっちゃんはどきどきしていたの?」
「うん。でも「ほっ」ってすると、音がしなくなるの」

超未熟児はちょっと寝返っただけでも呼吸が苦しくなったりするので頻繁にアラームがぴーぴー鳴っていたのだが、様子を見てても元に戻らない時には普段の酸素設定では足らないので看護師さんが手動で上げたりの調節を行う。行わないと危険な状態になることもあるのだが、酸素を送ってくれれば普通はすぐに楽になりアラーム音も消える。その事を言ってるのかな・・・。

他にも
「ママのおなかの中で、ママの声は聞こえてた?」
「うん」
とか、
「ママのおなかの中を出た時はどうだった?明るかった?暗かった?」
「明るかった」
「おなかのお外に出てすぐに、何をしてもらったの?お風呂入れて貰った?」
「体を拭いてもらったの」
「お外はあったかかった?寒かった?」
「あったかかった」
とか聞いたけど、これらの返答はちょっと微妙。誘導されて言わされている感じもあったかな。
その後も生まれた直後の話とか、呼吸器を付けていた頃の話を聞くと、
「・・・わかんない。」と、本当に分からないんじゃなくて、あまり思い出したくない、みたいな言い方をし始めたので、これ以上の質問はやめた。

おなかの中の事を覚えているって話は結構聞くけれど、生まれる前や生まれた後の話を聞いても今まではあまりハッキリした事を言ってくれたことが無くて、覚えていないのかな、と思っていた。何しろ普通より3ヶ月も早く出てきたんだから、まぁ覚えていなくても当然か、と。でも言えなかったのは彼女のボキャブラリーの問題だったのかもしれない。いやー、心底驚かされました。と同時に、色々質問して、覚えていたくない強烈な痛みの数々も思い出させてしまったのだとしたら、可愛そうな事をしたかな、とも。
あまりにも辛かった経験は早く忘れさせてあげたい。けど、大きくなってあの頃の痛みを忘れたら、写真を見せて話してあげようと思う。命を助けてくれた沢山のスタッフさん、パパとママとこなっちゃんの恩人達の写真と共に。
[PR]
by midori_cchi | 2008-02-21 08:46 | 日記

幸せって

幸せについて考えてるお友達の日記をちろっ見て(ごめん、例によって時間が無いので流し読み)、ふと私も考えた。自分にとっての幸せってなんだろう。すごいねこのネタは、深い、深すぎる。

ちょっと前まで幸せを引き出す事柄だったはずの事が不安を掻き立てるものに摩り替わったり、また逆に、常に不安材料だったはずのことが例えば真実を知った事で幸せを感じることが出来る事に変わったりと、その時々の心や体の具合、環境やタイミングなどで変わってしまうんだよね。だとすればやっぱりこれも「これが!」という答えとかましてや正解なんて無いんだろう、という気がするね。

それを踏まえてあえて言うならば、自分自身や自分が大切に思っている人の心と体の健康ってのだけは唯一不動の幸せで、これがその他の幸せの原点であり必要最低限の条件なんだろう。

・・・いや、仮に自分が末期癌におかされたら?そこにはもう幸せはない?
違うなー、あるある。山ほどある。きっと。
その時にそう思えるかどうかは別として。

一番大切なのは、幸せって状況を見逃さないって事なのかも。
体と心全部で、露出している肌をぴりぴりさせながら、敏感に色々な事をキャッチするのが大事ってのは、なんについても同じ、かな。
[PR]
by midori_cchi | 2008-02-20 19:59 | 日記

だぁ~っ

アホやって足を切ってしまった。(あまりにアホなので何をやったかは言えない)やっと血が止まったと思って歩くとすぐに流血。怪我自体は全然大した事ないのに場所が悪いと全然治らない。片足で歩いて家事をこなすのはかなりしんどいね。左足だけ筋肉ついちゃうよ~。
しかしこの足で明日幼稚園まで行けるのかしら。行くしかないけど。我ながらほんと情けない。とほほ。

治りが悪いのは年のせい・・と突っ込もうとしたヤツ、一歩前!
[PR]
by midori_cchi | 2008-02-19 13:44 | 日記

貰い過ぎ。

バレンタインデーは産院の診察日だった。
で、娘。翌日ちょっと咳、今朝起き抜けに痰の絡んだいやーな咳。母より一足お先にやっとこ完治した風邪なのに、またですか~!?産院に行くと必ず100%の確率で貰って帰る。マスクさせたりどこにも触らせないようにしたりしているけどどんなに頑張ってもダメ。大学病院ってトコは病原菌が浮遊しまくりですか?交代で咳込みマシーンになっていたためママスイもずーっとお休みしているし、引きこもり生活で運動量は激減、壊れた心で止まらなくなった脅威の食欲もプラスされ、すっかり緩みきってしまったこの体。この体で来週ライブするんか私は。のーーーーぅ。衣装入るのかしら、見苦しくてすいません・・・

てその前に、歌歌歌!!!
あと1週間で、持って行きますとも。勿論。おぅ!!

しかし鼻水がね、どうにもね。。。これはもう風邪じゃなくて鼻炎なんかなぁ。またステージで鼻をかんだらすいません。
[PR]
by midori_cchi | 2008-02-16 19:22 | 日記

復活

しつつ。です。
毎度の事ながら方々にご心配をおかけして申し訳ありません。
ばたばた暮らしております。もちっとお待ち下さい。
[PR]
by midori_cchi | 2008-02-14 22:51 | 日記



超低出生体重児出産に関する過去日記を始めました。(ごめんなさい、現在連載はお休み中)切迫流早産に不安を持っているママさんと未来のママさんへ、エールの気持ちをこめて。
Live Info.
未定

今予定されているライブはありません。決まりましたらまたご連絡致します。
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧