帰ってきたひみちゅ~

波長

お互いの波長が合うかどうかが大事なのは大人も子供も同じ。大人は学習して要領を得、上手い事渡り歩けるのに比べたら、むしろ子供同士の方が重要になってくるんじゃなかろうか。

昨日遊びに行かせて貰ったお友達の家には、姫のひとつ上の男の子と1歳前の女の子がいました。幼稚園では「男の子はすぐ『戦い』するから・・」とちょっと引き気味の娘ですが、お友達のご長男君は聞いていた通りとても優しくて動きもソフト、そして回りに気遣いが出来る。例えば私がトイレに入っていると外でベイビーの声。すぐさまお兄ちゃんがやってきて私に「赤ちゃんがいるから(ドアを開けるのを)気をつけてね」と声をかけてくれる。また、娘とチャンバラごっこ(この言い方がもう古過ぎですね)をしてくれた時も、剣をブンブン振り回す事は絶対しないで、姫の剣先に「カンッ」と当ててくれる。すごいなー、ひとつ違うだけでこんなにも大人かなぁ、下に可愛い妹がいるからかなー、と感心しきり。
娘は多分生まれて初めてのチャンバラごっこ、幼稚園で「男の子は・・・」とか言いながら、見ていてちょっと羨ましく思っていたに違いない戦いごっこが出来て、すごく楽しそうでした。
お兄ちゃんがいたら、こんな感じなんだろうなぁ・・・・産んであげたいけど、こればっかりは無理だわね。
赤ちゃん好きの娘は妹ちゃんを抱っこしたそうだったけど、慣れてないしもう元気に暴れられるのでそれは却下。仕方が無いのでなでなでして満足していた娘でした。

母もお友達は昔の職場仲間(彼女は昔からスレンダー美人だったけど、全く変わらずカッコ良くて、羨ましいやら落ち込むやら。いつまでもいち女性として輝いている彼女に感心。私も頑張ろう~!)という事もあり、会社の話から趣味の話まで、制限時間一杯までのんびりお喋り。どんなに時間が空いていても、またお互いに子供が出来て暮らしの環境が変わっても、こんな風にお喋り出来るお友達ってありがたいなぁ。
また是非、会いましょうね。

f0053095_11215216.jpg

※またしてもカメラを忘れてしまったのでお友達のところから拝借~
[PR]
by midori_cchi | 2008-09-29 11:16 | 日記
<< 秋はイベントが盛り沢山 【写真日記】2008/04 &... >>



超低出生体重児出産に関する過去日記を始めました。(ごめんなさい、現在連載はお休み中)切迫流早産に不安を持っているママさんと未来のママさんへ、エールの気持ちをこめて。
Live Info.
未定

今予定されているライブはありません。決まりましたらまたご連絡致します。
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧