帰ってきたひみちゅ~

最初の記憶2

たった今、また話してくれました。
TVで四つ子ちゃんの生まれたばかりの映像が流れました。ぱっと見ただけですが、1400gで生まれたその子は呼吸器は付けておらず、ミルクを飲ませる(というかまだ飲む事が出来ないので入れるための)鼻にチューブが付いていました。チューブは胃まで入っており、手で引っ張ったりしないようにほっぺたに絆創膏で固定してあります。うちの娘は看護師さんが絆創膏にハートマークを描いてくれてましたが、その子も何か描かれていて、あぁどこの病院もこういう事をしてくれるんだなぁと思って見てました。

娘が「ママー、赤ちゃんだよ~」と嬉しそうに言うので、
「そうだねー可愛いねぇ。こなっちゃんもこんな可愛かったんだよー、覚えてる?」と聞いたら
「うん、わーんわーんって泣いていたのー」
「どうして泣いていたの?」
「痛いよ~、痛いよ~って泣いていたの」

どきっとした。恐る恐る聞いてみた。

「・・・どこが痛かったの?」
「あのね、あの子もここに、付けていたでしょ?(ほっぺを指差す)、それが痛かったの。」

そう言い終るとママに抱きついてきた。見ると、泣いていた。
「こなっちゃん、パパとママのために頑張ってくれたんだよね、ありがとう」
そう言うのが精一杯だった。声をあげて泣いてしまいそうなのを、娘をぎゅっと抱きしめる事で一生懸命耐えた。


何度謝っても足りないよね。でももう二度とそんな辛い思いをさせないからね。
神様もどうか、どうか娘をお守り下さい。
そして娘の痛みの記憶を早く消し去って下さいます様に、切にお願いします。
[PR]
by midori_cchi | 2008-02-28 18:39 | 日記
<< Live写真公開~ 必需品 >>



超低出生体重児出産に関する過去日記を始めました。(ごめんなさい、現在連載はお休み中)切迫流早産に不安を持っているママさんと未来のママさんへ、エールの気持ちをこめて。
Live Info.
未定

今予定されているライブはありません。決まりましたらまたご連絡致します。
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧