帰ってきたひみちゅ~

3本立ては

体力的に、かなり厳し~っ

日曜日は、朝から幼稚園のバザーに参加。前週のプレの時にプレイグランドにダンボールが山と積み上げられており、バザー係のママさんがひとつひとつ準備を行っていました。すごい量で、あれは大変な作業だろう。見ると組み立て式のジャングルジム&滑り台なんて提供品もあって、こんな大きなの、みんなどうやって園まで運んでるの?と聞くと、車で持ってくる人もいるし、なんと園バスに預ける事も出来るよと。びっくり。

他の園もそうなのかもしれないけれど、うちの園のバザーは完全に父兄主導、出た利益は卒園する園児への記念品を買うお金に当てられるそうだ。今回は手作りお赤飯が保健所の許可が下りなくて(今まで申請し忘れていたんだろうね)仕出しになってしまい利益が減ったので、急遽ヨーヨー釣りも出されていた。そのために人も借り出されたんだろう。子供達のために、と、ママさんみんな頑張ってるなぁ。

園庭で行われていたのは、空気で膨らまされたトランポリン、ジュースや駄菓子、コーヒーや紅茶とクッキーなどのスイーツ、ヨーヨー釣りに赤飯、コロッケやらウィンナーやら・・・ちょっとしたお祭り気分。
園内のプレイグランドではメインである提供品のバザー。なかなかの集客で入場制限されているほど。私は比較的早めに入ったのだけれど、それでも目的だった夏の制帽は手に入らず。沢山出ていたらしいんだけど、制服関係はやっぱり一番最初に売れてしまうらしい。残念。
そして園内2階では、先生方が行っている、作品展示会。これがあるって知らなかったんだけど、見てびっくり。すごくきちんと展示されていて、まるで中学校・高校の文化祭のよう。展示の仕方も真ん中にオブジェを置いて回りに生徒の作品を、ちゃんと綺麗な布を敷いて並べてある。壁には生徒の書いた紙系の作品が、先生の解説付きで飾られている。天井からぶら下げてあったり、とにかく凝っている。前日に休日出勤してやったんであろう先生方に頭が下がる。
何より驚いたのが、作品の個性的な事。年少・年中・年長、みんななんと陶芸をしていた。年少は葉っぱをモチーフにした箸置き、年中と年長はお皿を作っていた。自分達で上薬を選んでるので、色合いもさまざま。他にも流木を使ってアートを作っていたり、和紙でランチョンマットを作っていたり。やっぱりこの幼稚園、面白いわ。ここにして良かったー。
作品には全て自分で書いたのであろう名前が付いていました。あー娘の作品、こんなん見たら感動してしまうな。来年の今頃がとても楽しみ。

12:00に七五三の着付けの予約をしてあったので、もっとゆっくり楽しみたかったんだけど大急ぎで帰宅、パパとママはスーツに着替え、スタジオへ。
ところが・・・
姫、号泣。いつもイイコな彼女がよりにもよってこんなタイミングで超ダダッコに豹変。何が何でもどーーーーーーーーーしても着物を着ないという。30分ネバったけれどダメで、神社にじーじばーばも待たせているからもうタイムアップ、と、着物をそのまま貸し出してもらい、じーじ達と合流。本当は御参りしてから遅めのランチの予定だったんだけど、変更し食事を先に。レストランでご機嫌を取り戻した姫はどうにかレストランの中でお着替え終了(個室を取っていたのね。ラッキー)、ママが適当に髪の毛をし、じーじばーばに可愛いと言われて満足げな内に近所の神社へ出向き、手続き。どうにか最後から一つ前の回に間に合って、御参り。祝詞(っていうのかしら?)を上げて貰っている間、すごくいい子で大人しくしていました。やけに大人しいなーと思ったら、玉串をお供えするんで玉串を持たそうと思ったら手の中にしっかりどんぐり。いつの間に拾ったんだ、父と母、思わず笑。

で、18:00までに着物を返却しなければならなかったので、神社でじーじばーばとはさようなら、家に戻って着物を脱がせてたたんで、返却を旦那様にお願いして私はバンドのリハへ行き3時間、風邪の治りきらない喉を警戒しながら歌いました。

朝から殆ど座る暇もなく飛ばした一日で、流石にくたびれたー。今回は台風で七五三がずれ込んでしまったから仕方が無いけれど、用事は一日二つまでにしよう、と心に誓った私でした。
[PR]
by midori_cchi | 2007-11-20 18:16 | 日記
<< そして今日は 慣れるもんだね >>



超低出生体重児出産に関する過去日記を始めました。(ごめんなさい、現在連載はお休み中)切迫流早産に不安を持っているママさんと未来のママさんへ、エールの気持ちをこめて。
Live Info.
未定

今予定されているライブはありません。決まりましたらまたご連絡致します。
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧