帰ってきたひみちゅ~

1度目の入院(2004/5中旬)

また出血し診て貰ったが、その日は帰される。二日後に、今までより多めに出血し、ひとりで病院へ。今度は家に戻る事も許されずそのまま入院となってしまう。点滴すらした事が無い私、入院という言葉にものすごくうろたえる。外出中の旦那様に連絡。出産予定までまだまだなので、当然の事ながら入院の準備なんかしておいていない。妊婦パジャマ他一般的な入院グッズを買い揃えて持ってきて貰う。

入院中は点滴(確かズファジランというお薬。ウテメリンという張り止めよりも妊娠初期(12~16週)に良く使われるらしい)をし、ひたすらベットの上で安静。安静とは、トイレ以外は基本的に歩行禁止、である。食事もベットまで運んでくれ、下げてくれる。医師の許可が下りないとシャワーも浴びられない。私の場合薬がとても良く効き、出血はすぐに止まったが、これは点滴のお陰である。暫くは点滴が続けられた。実家が遠い私には平日昼間に面会に来てくれる人は殆ど無かったので、夜、旦那様が帰りに寄ってくれるのが待ち遠しくてたまらなかった。

退院は、点滴を止めて飲み薬に変わっても出血しない事を確認してからである。しかし初めての入院生活はあまりにも苦痛で耐え難かった。加えてこのタイミングでどうしても自宅に帰りたい事情があった。
点滴から飲み薬に変わった日、「同じ寝ているだけなら自宅で安静にするから。自宅はココから歩いて3分だから」と、退院をお願いした。ダメかな・・と思ったが、その時の回診担当の医師は意外にもアッサリ退院許可をくれた。そして一言。「きっと戻ってくるだろうけどねー。ま、そしたらまた入院すればいい。僕は"退院させ魔"だからさ~」そしてその通りになってしまう。

---後日談---
病室に案内されてすぐ点滴だったのだが、これがなかなか入らなかった。出血に慌てて食事を取らずに病院へ来た事を告げたら、「食べてないの!?言ってよー、だから血管が細いんだ」と、ナースステーションにあった余りものを持ってきて、こんなものしかないけどとりあえず食べろという。見ると、明らかに退院患者からお礼で貰ったんだろう甘い物と、ナースの夜食ストックなんだろうカップラーメン。あのーー私も一応妊婦なんですけど、こんなモン食べさすって一体・・・。仕方が無いから食べましたけどね。病室は切迫流産の患者だけではなく食事が取れない程ひどい悪阻の患者も同室だったのに、ラーメン臭くてホントごめんなさいって感じでした。
ちなみに私は今まで採血などで血管が細くて苦労されたって事は殆どありません。でもココに入院中は点滴が漏れて腕がボンボンに腫れ、とても痛かったです。
[PR]
by midori_cchi | 2006-01-26 15:25 | 過去日記(姫妊娠)
<< 2度目の入院(2004/5下旬) 診察4回目(2004/5上旬 ... >>



超低出生体重児出産に関する過去日記を始めました。(ごめんなさい、現在連載はお休み中)切迫流早産に不安を持っているママさんと未来のママさんへ、エールの気持ちをこめて。
Live Info.
未定

今予定されているライブはありません。決まりましたらまたご連絡致します。
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧